スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吹奏楽のお勧めCD

吹奏楽に触れている皆さんへのお勧めのCDを紹介しています。

興味のあるCDがありましたら、レーベル画像をクリックして頂きますと、楽天市場から注文できるようになっています。
この他、もしお探しのCDがありましたら吹奏楽専門ショップ~Band Power~へどうぞ。

アルフレッド・リード作品集
演奏:東京佼成ウインドオーケストラ
指揮:アルフレッド・リード
今更説明の必要のない程有名なアルフレッド・リード博士の作品集。
シェークスピアの四大悲劇を題材とした「オセロ」「ハムレットへの音楽」を収録している他、初期の頃の作品である「ロシアのクリスマス音楽」、全日本吹奏楽コンクールの課題曲ともなった「音楽祭のプレリュード」、「エル・カミーノ・レアル」や「春の猟犬」といった人気作品も収録されています。
「アルメニアン・ダンス」に関しては、私は↓で紹介するシエナ版の演奏の方が好きですけど、こちらを選んでも間違いではありません。
吹奏楽に興味があり、アルフレッド・リード博士の作品を少しでも知りたいという人であれば、このCDから入る事をお勧めします。

アルメニアン・ダンス[全曲] 佐渡裕&シエナ・ウインド・オーケストラ
演奏:シエナ・ウインド・オーケストラ
指揮:佐渡裕
「アルメニアン・ダンス」といえば、アルフレッド・リード博士の数々の作品の中で最もポピュラーな楽曲の1つです。
この曲の音源は数あれど、やはり私の一押しはこの音源です。
アルメニアン・ダンスはパート1と、その4年後に作られたパート2があり、何故か楽譜の出版社が違います。とはいうものの、パート1とパート2を合わせて1つの楽曲…パート2というのは本来パート1に続いて演奏されるもの、ですね。つまり、パート1は第1楽章にあたり、パート2の「農民の訴え」「結婚の舞曲」「ロリの歌」がそれぞれ第2楽章、第3楽章、第4楽章にあたるわけです。

余談ですが、生前のアルフレッド・リード博士は親日家としても知られ、奥様とともによく日本にいらっしゃったとの事です。アルフレッド・リード博士の功績なくして吹奏楽の発展はありませんでした。

パガニーニの主題による幻想変奏曲/Fantasy Variations パガニーニの主題による幻想変奏曲
演奏:東京佼成ウインドオーケストラ
指揮:ジェームズ・バーンズ
吹奏楽をやっている皆さんならよく知っているジェームズ・バーンズ。
バーンズと言えば何と言っても、まず真っ先に思いつくのはやっぱり吹奏楽コンクールでもよく演奏されている「アルヴァマー序曲」や「アパラチアン序曲」あたりでしょう。

「バーンズの曲」=「アルヴァマー序曲のような複合三部形式の曲」というイメージを持たれている方には、このアルバムは是非お勧めしたいと思います。

「パガニーニの主題による幻想変奏曲(ファンタジー・ヴァリエーション)」は有名な旋律を題材に、様々な楽器のアンサンブル等で変奏していく曲ですが、「バーンズってこんな曲も手がけるの?」と思う事請け合いです。この曲は、演奏会における楽器紹介みたいな遊び方もできると思います。

Tボーン・コンチェルト、交響曲第1番「指輪物語/T-bone Concerto, Symphony No.1 “THE LORD O... Tボーン・コンチェルト、交響曲第1番「指輪物語」
演奏:トルン聖ミカエル吹奏楽団
トロンボーンソロ:クリスチャン・リンドベルィ
指揮:ハインツ・フリーセン
このアルバムは、総勢100名を越えるバンドによる迫力のライブ演奏を収録したもので、ヨハン・デ・メイの「Tボーンコンチェルト」と「指輪物語」を収録しています。
Tボーンコンチェルトというのは、肉の「Tボーン」とトロンボーンをかけたギャグと思われますが、その名の通りトロンボーンソロのコンチェルトです。

指輪物語の方は、事実このアルバムに収録されているものが「私が初めて全部聞いたもの」なので、私にとっての指輪物語というのは、この演奏がイメージとしてあります。
もっともこれは指揮者によって解釈は異なりますが…第3楽章は特に指揮者の性格がよく出ます。

指輪物語が好きな人、そしてトロンボーン奏者にはお勧めです。
尚、指輪物語には吹奏楽版以外にオーケストラ版も存在しますが、元々が吹奏楽の為に書き下ろされたものであり、実際に吹奏楽版の方が良いですね。

ビッグ・アップル/THE BIG APPLE THE BIG APPLE
演奏:アムステルダム・ウィンドオーケストラ
指揮:ハインツ・フリーセン
ヨハン・デ・メイの交響曲第2番「ビッグアップル」を収録し、この他にバーンスタインの「オン・ザ・タウンよりパ・ド・ドゥ」「組曲キャンディード」を収録したアルバム。

ビッグアップルは、指輪物語のイメージがあると、本当に同じ人の曲なのかと疑いたくなるようなシロモノ。「ニューヨーク・シンフォニー」とサブタイトルがあるようですが、とにかくド派手にやってくれます(笑)

派手なサウンドでストレス解消したい人はもちろんの事、キャンディードの音源が欲しい人にもお勧めです。

交響曲第3番「プラネット・アース」
演奏:大阪市音楽団
指揮:ヨハン・デ・メイ
「指輪物語」「ビッグアップル」に続く、ヨハン・デ・メイの交響曲第3番「プラネット・アース」。
まるで映画音楽のような摩訶不思議な一種の疑似宇宙旅行を体験できる作品です。作曲者本人による指揮で大阪市音楽団の迫力ある演奏が楽しめます。

ベスト・オブ・ヨハン・デメイ
演奏:オランダ王国陸軍軍楽隊/アムステルダム・ウインド・オーケストラ
指揮:ヨハン・デ・メイ/ピーター・フェイゲル/ヤン・コベル/ピエール・キュエイペルス/フィリップ・ラングレット/ハインツ・フリーセン
「指輪物語」「ビッグ・アップル」「プラネット・アース」でお馴染みの作曲家、ヨハン・デ・メイ。
実は素晴らしい「アレンジャー」としての顔も持っている事を御存知でしょうか?
しかも、原曲の持つ雰囲気を壊す事なく、重圧なサウンドで魅了する作品ばかりです。

そのヨハン・デ・メイが編曲を手がけた作品を集めたアルバムがこちらです。
こんなものまで手がけてたのか!とびっくりする事請け合いです。
特に私が好きなのは、 ミュージカル「アニー」よりハイライト、ミス・サイゴン、オペラ座の怪人、君の瞳に恋してる、亡き王女のためのパヴァーヌといった作品です。

吹奏楽をやっている皆さんには是非、これらのサウンドに触れ、レパートリーを増やす機会を作って欲しいと思います。

風紋:保科洋作品集
演奏:大阪市音楽団
指揮:木村吉宏
「風紋」は1987年の全日本吹奏楽コンクールの課題曲で、歴代の課題曲ではコンクール史上に残る「名曲」でしょう。
私にとってもこの曲は中1の時、楽器を持ったばかりで右も左もわからない中でコンクールのステージに立った時に演奏した課題曲でした。なんとか音を出せるようになるまでの苦労や演奏を終えた後の満足感、久しぶりに聞いた時にそういう懐かしい思い出が蘇りました。初めてのステージでこんな素晴らしい作品に触れられたのは本当に幸せなことだったと思います。

さて、作曲者である保科洋先生によりますと、実は課題曲となった風紋は「課題曲にする(演奏時間を6分程度にする)為に一部分をカットした」ものだったとの事。
このアルバムに収録されている「風紋」は「原典版」で、7分18秒です。中盤以降に「課題曲版でカットされてしまった」部分が入っています。
尚、原典版の風紋の楽譜はレンタル譜のみだそうです。課題曲版の楽譜は全日本吹奏楽連盟に問い合わせて下さい。

当時の課題曲はコンクールが終わった後でも「またやりたいな」と思えるものばかりでした。特にこの「風紋」と、同じ年の「渚スコープ」は、あれから20年以上を経過した今でも心に強く印象に残っていますし、「また演奏したい」という希望が今でも変わらず残っています。

是非おすすめします。

ヴァンデルローストの世界~自作自演集~交響詩スパルタクス/Spartacus-Symphonic Tone Poem~... ヴァンデルローストの世界~自作自演集~交響詩スパルタクス
演奏:大阪市音楽団
指揮:ヤン・フランツ・ヨーゼフ・ヴァン・デル・ロースト
ヴァン・デル・ロースト本人の指揮によるライブアルバム。
もし、ヴァン・デル・ローストの作品に触れたいというのであれば、私的にはこのアルバムから入るのがいいと思います。プスタやカンタベリー・コラール、コンサートマーチ「アルセナール」といったヴァン・デル・ローストを代表する作品が収録されています。
やっぱりスパルタクス聞かないと…

ヴァン・デル・ローストの曲を演奏する場合でも、非常に参考になる1枚です。
ただし、このアルバムは人気が高い為、品薄に注意しましょう。

空中都市「マチュピチュ」~隠された太陽神殿の謎 空中都市「マチュピチュ」~隠された太陽神殿の謎
演奏:川口市・アンサンブルリベルテ吹奏楽団
指揮:福本信太郎、武田 晃
日本を代表する吹奏楽団である「川口市・アンサンブルリベルテ吹奏楽団(埼玉県川口市)」が結成25周年を記念して製作したアルバム。
アルバムタイトルにもある「「空中都市「マチュピチュ」~隠された太陽神殿の謎」は、2004年12月23日の定期演奏会において世界初演されています。
私自身は、その時の定期演奏会において初めてアンサンブルリベルテ吹奏楽団の演奏を生で聴いたのですが、そのサウンドは斬新かつ衝撃的なものでした。今まで固定観念的に抱いていた吹奏楽のサウンドに対するイメージが音を立てて崩れました。
「吹奏楽でもこんな響きが出せるのか!」あの日の事は決して忘れる事はないでしょう。
このアルバムは、「マチュピチュ」をはじめとして、ミス・サイゴンやディズニー音楽、そして花のワルツといった親しみやすい、お馴染みの名曲が揃っています。
「どんな響き?」と興味を持たれた方は、是非!

50歳記念!~フランコ・チェザリーニ作品全集(BOX) 50歳記念!~フランコ・チェザリーニ作品全集(BOX)
演奏:オランダ王国陸軍軍楽隊 他
指揮:ヤン・デハーン 他
フランコ・チェザリーニが50歳になったのを記念して作られた大全集。
幻想的で、その情景がイメージしやすい作品が多いチェザリーニですが、チェザリーニが人気作曲家の仲間入りをするきっかけとなった「ビザンティンのモザイク画」をはじめとして、「アルプスの詩」「ブルー・ホライズン」「トム・ソーヤ組曲」といった傑作が収録されています。
チェザリーニの作品に初めて触れたのが「ブルー・ホライズン」だったからというのもあるのですが、それが私にとってチェザリーニに対する印象を決定づけるものとなりました。吹奏楽の作曲家の中でも「第一印象が最高」だった数少ない作曲家の1人です。
吹奏楽ファンなら絶対買いの1枚です。

エクスカリバー
演奏:ブリーズブラスバンド
吹奏楽ではなく、ブラスバンド。つまり木管楽器がいません。また、英国式スタイルである為、金管楽器もトロンボーンを除いては全て「サクソルン属」と呼ばれる、アドルフ・サックス(サクスフォーンを作った人)が作った楽器だけで構成されています。また響きを統一する為に、変ホ長調管か変ロ長調管の管楽器しか使われていない事も特徴です。
これに収録されている曲のうち、「オリエント急行」と「カンタベリー・コラール」は吹奏楽でもよく聞く作品ですが、実はこちらブラスバンド版が原曲です。聞き比べると全く響きが違う事がわかるでしょう。

ラストに収録されている「エクスカリバー」は、実にヴァン・デル・ローストらしい作品です。


この他、もしお探しのCDがありましたら吹奏楽専門ショップ~Band Power~へどうぞ。

人気ブログランキングへ

プロフィール

土地家屋調査士 高梨 富

Author:土地家屋調査士 高梨 富
SINCE 2011.2.1

山形県土地家屋調査士会会員
登録番号 山形 第1222号

民間紛争解決手続代理関係業務
法務大臣認定 第739001号
※土地家屋調査士法第3条2項2号

[対応エリア]
山形県内全域
宮城県

[事務所所在地]
〒990-2321
山形市桜田西二丁目7番22号
 石山産業ハウス1階東
TEL 023-625-5408
FAX 023-666-6707

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。