スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21.おすすめテキスト 基本テキスト

さて、土地家屋調査士の試験対策として、どんなテキストを読んだら良いのか、スクール利用の方であれば、スクールで渡されたものをやれば良いですが、独学の方ですと何が良いのかわからないというところかと思います。

どのテキストが良いと思うのかは人それぞれ違うでしょう。ある人にとっては良いと思うものでも、他の人にとっては「…」というのもあるかと思います。また、試験が終わった後でも受験生時代にお世話になったテキストというのは大いに助けになるものです。

というわけで、ここで私がお勧めするものについては、あくまで私の独断と偏見に基づくものである事を、あらかじめお断りしておきます。

[土地家屋調査士受験100講シリーズ(早稲田法科専門学院)]

市販されているテキストとしては、現在でも根強い人気があり、またわかりやすさで定評があります。

3冊に分かれており、第1巻は土地家屋調査士法と不動産登記法、第2巻は民法とその判例について、第3巻は書式といった内容になっています。





土地家屋調査士受験100講 〔2012〕改訂3版3

土地家屋調査士受験100講 〔2012〕改訂3版3
価格:4,104円(税込、送料込)


プロフィール

土地家屋調査士 高梨 富

Author:土地家屋調査士 高梨 富
SINCE 2011.2.1

山形県土地家屋調査士会会員
登録番号 山形 第1222号

民間紛争解決手続代理関係業務
法務大臣認定 第739001号
※土地家屋調査士法第3条2項2号

[対応エリア]
山形県内全域
宮城県

[事務所所在地]
〒990-2321
山形市桜田西二丁目7番22号
 石山産業ハウス1階東
TEL 023-625-5408
FAX 023-666-6707

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。