20.合格したら

口述試験が終わると、あとは合格通知を待つだけです。

私の時ですが、12月になると山形地方法務局の本局にて合格証書授与式が行われました。
この時にその年の合格者が全員集合するわけですけど、同時に山形県の土地家屋調査士会の会長(当時)が見えて、ご挨拶という感じでした。

その後、合格者みんなで土地家屋調査士会(法務局のすぐ近くです)に行き、登録手続について話を聞いてきました。


登録にあたっては職印つくらなければなりませんし、その他提出書類もいろいろあります。おそらくどの都道府県でも同じでしょう。で、各都道府県の土地家屋調査士会に必要書類を提出して、登録に必要なお金を払うと(都道府県によってその額は異なります)、日本土地家屋調査士会連合会へと登録され(毎月1日、10日、20日付け)、登録証が発行されます。登録証は各都道府県の土地家屋調査士会にて授与されます。

これで晴れて土地家屋調査士となります。
プロフィール

土地家屋調査士 高梨 富

Author:土地家屋調査士 高梨 富
SINCE 2011.2.1

山形県土地家屋調査士会会員
登録番号 山形 第1222号

民間紛争解決手続代理関係業務
法務大臣認定 第739001号
※土地家屋調査士法第3条2項2号

[対応エリア]
山形県内全域
宮城県

[事務所所在地]
〒990-2321
山形市桜田西二丁目7番22号
 石山産業ハウス1階東
TEL 023-625-5408
FAX 023-666-6707

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク