教えるということ 3

さて、私がよく受ける質問としては、登記申請において「印鑑証明書を添付する意味」についてです。

土地の合筆、建物の合併、建物の合体といった場合に、申請人の印鑑証明書が法定添付書類とされており、これは3ヶ月以内に発行されたものでなければならないのはお馴染みかと思います。

ところが、証明書の一部として添付する印鑑証明書というのは、有効期限の定めがありません。


土地家屋調査士の試験勉強ですと、これらは暗記するしかなかった部分があるのですが、司法書士のテキストにおいては「どういう場合が3ヶ月以内でなければならなくて、どういう場合が有効期限がないのか」というのがちゃんと説明されています。

土地家屋調査士の試験でもこの辺は試験だけでなく実務でも重要になる事なので、暗記させるだけでなく、その意味をしっかり理解できるようにテキスト作成する側にも考えて欲しいと思います。


ちなみに、「申請人の申請意思を担保する意味合い」として添付する印鑑証明書は、3ヶ月以内でなければなりません。
3ヶ月もすれば申請意思が変わってしまう事あるじゃないですか。だから有効期限の定めがあるわけです。
表示に関する登記には権利者と義務者という概念がないわけですけど、所有権移転の場合ですと所有権を失う側=義務者については3ヶ月以内の印鑑証明書が必要になります。まさに「申請意思=その不動産の所有権を権利者に移転させる意思」を担保しているわけです。

これに対して、「添付した証明書や上申書の内容について、その真正を担保する意味合い」として添付する印鑑証明書は、有効期限の定めはありません。
土地家屋調査士の業務としては、建物表題登記や表題部変更登記の際に、所有権証明書の一部として「引き渡し証明」や「土地所有者の証明」を受ける場合があります。また、建物滅失登記の際に取り壊しをしたなら「取壊証明書」を解体業者に発行してもらう事もあります。

これらに添付する印鑑証明書については「その証明書の真正を担保する」という事なのです。


人気ブログランキングへ
来訪者数
プロフィール

高梨 富

Author:高梨 富
SINCE 2011.2.1

山形県土地家屋調査士会会員
登録番号 山形 第1222号

民間紛争解決手続代理関係業務
法務大臣認定 第739001号
※土地家屋調査士法第3条2項2号

[対応エリア]
山形県内全域
宮城県

[事務所所在地]
〒990-2321
山形市桜田西二丁目7番22号
 石山産業ハウス1階東
TEL 023-625-5408
FAX 023-666-6707

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク